11月6日に中間選挙を控え、トランプ米大統領の脱税関与疑惑などで共和党には逆風が吹く。最高裁判事に指名されたカバノー氏は議会上院に承認されたが、“トランプ人事”への反発も広がる。保守派のカバノー氏の判事就任により、最高裁では保守傾向が強まる可能性がある。