11月6日に中間選挙を控え、トランプ米大統領の脱税関与疑惑などで共和党には逆風が吹く。最高裁判事に指名されたカバノー氏は議会上院に承認されたが、“トランプ人事”への反発も広がる。保守派のカバノー氏の判事就任により、最高裁では保守傾向が強まる可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り454文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。