サッカーのJ2「東京ヴェルディ」を運営する東京ヴェルディが野球業界に参入すると10月6日に発表した。軟式野球の強豪「東京バンバータ」と業務提携。ファン層の裾野を広げ、収益源の多角化を目指す。サッカーの名門クラブが野球に触手を伸ばす構図だが、それ自体が従来のスポーツビジネスの限界を映している。

サッカーJ2「東京ヴェルディ」とアマ野球の強豪「東京バンバータ」は“化学反応”を起こせるか(写真=左:東京ヴェルディ提供)