サッカーのJ2「東京ヴェルディ」を運営する東京ヴェルディが野球業界に参入すると10月6日に発表した。軟式野球の強豪「東京バンバータ」と業務提携。ファン層の裾野を広げ、収益源の多角化を目指す。サッカーの名門クラブが野球に触手を伸ばす構図だが、それ自体が従来のスポーツビジネスの限界を映している。

<span class="fontBold">サッカーJ2「東京ヴェルディ」とアマ野球の強豪「東京バンバータ」は“化学反応”を起こせるか</span>(写真=左:東京ヴェルディ提供)
サッカーJ2「東京ヴェルディ」とアマ野球の強豪「東京バンバータ」は“化学反応”を起こせるか(写真=左:東京ヴェルディ提供)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1158文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。