森永製菓が1967年に発売したロングセラー商品「チョコフレーク」の生産を来年夏までに終了すると発表した。明治がスナック菓子「カール」の東日本での販売を昨年終了し、ロングセラー商品が相次いで姿を消す。消費者の嗜好の変化やIoTによる売り場作りなどで定番品に逆風が吹いており、好転する兆しはない。

明治の「カール」や森永製菓の「チョコフレーク」など長寿商品の販売状況は厳しい(写真=左:時事)