日立アプライアンスやダイキン工業などが、インターネットにつながる家電を相次ぎ発表した。スマートフォン経由で遠隔操作したり、購入後に新たな運転コースを使えるようになったりするのが売りだ。中国勢が相次ぎネット家電を打ち出す中で、「つながなければ取り残される」との不安が背中を押す。

スマホで操作する日立の洗濯機(左)とWi-Fi接続を標準搭載したダイキンの空調