外国人労働者を増やすため、政府が来春にも新たな在留資格の導入を目指している。建設や農業など、人手不足が深刻な業種に限られるが、対象を広げる可能性も出てきた。にわかに訪れた人手確保のチャンスに企業は動き出している。

規制緩和で外国人の就労を広げる
●国内の外国人労働者数の推移
外国人留学生のアルバイトなどは週28時間までという制限がある(写真=PIXTA)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2774文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。