ソフトバンクがトヨタ自動車に急接近している。10月4日に発表したのは移動サービスの共同出資会社の設立。企業向けの配車サービスなどを足がかりに、将来は自動運転車を使った移動サービスを立ち上げていくという。気が気でないのが、先にトヨタと提携していた通信大手のライバル。業界秩序を壊すソフトバンクに対抗できるか。

<span class="fontBold">トヨタは次世代EVで展開する移動サービスにソフトバンクとの協業の成果を生かす</span>(写真=Bloomberg/Getty Images)
トヨタは次世代EVで展開する移動サービスにソフトバンクとの協業の成果を生かす(写真=Bloomberg/Getty Images)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2561文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。