証券取引等監視委員会が、東芝旧経営陣の刑事告発に執念を燃やしている。不正会計の温床となった「バイセル取引」で、歴代3社長の責任を問う構えだ。消極的とされる検察を動かせるか。東芝の不正会計問題は新たな局面を迎えた。

<b>証券取引等監視委員会は東芝の田中久雄・元社長らの刑事責任を問うべく、慎重に調べを進めてきた</b>(写真=右:新関 雅士)
証券取引等監視委員会は東芝の田中久雄・元社長らの刑事責任を問うべく、慎重に調べを進めてきた(写真=右:新関 雅士)

 証券取引等監視委員会は9月下旬までに、東芝旧経営陣の刑事責任を問うべきだとの調査報告をまとめ、検察当局に伝えた。監視委が正式に刑事告発する場合、事前に検察と「告発問題協議会」を開くのが通例だ。この準備が本格的に始まった。

 監視委では昨年以降、刑事処分などを所管する「特別調査課」が東芝問題を調べてきた。複数の経営陣や社員から任意で事情を聴取し、内部資料も分析。不正会計の期間に社長だった西田厚聰と佐々木則夫、田中久雄の3人について、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いがあるとの見方を強めてきた。

続きを読む 2/3 東証による審査にも影響

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2299文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/