EV(電気自動車)の競争は、本格普及を目指す新たなステージに入った。欧米の自動車メーカー各社が、パリモーターショーで相次いで新型EVを発表。航続距離の延長や自動運転技術との融合などで、次世代車の“主流”に名乗りを上げた。

フォルクスワーゲンが発表した次世代型EVのコンセプトカー「I.D.」。2020年に市販を始める

 9月29日。パリモーターショーは、独フォルクスワーゲン(VW)の衝撃的な発表で幕を開けた。

 「会社の歴史の中で最も大きな変化だ。我々が新しい時代を提供する」──。VW乗用車部門のヘルベルト・ディース取締役会会長はこう語り、次世代型EV(電気自動車)のコンセプトカー「I.D.」を披露した。小型車「ゴルフ」と同程度のサイズで、1度の充電で走れる航続距離は600km。2020年に市販を始める予定だ。

 「新たな敵は米アップルや米テスラモーターズ。我々は2025年までに年間100万台のEVを販売し、マーケットリーダーになる。I.D.は(200万~300万円台の)『ゴルフディーゼル』と同じ価格帯になる」

 ディース氏がそう語ると、会場は大きな拍手に包まれた。排ガスの不正問題がいまだにくすぶるVWは今年6月、2025年までに30車種のEVを投入すると発表。I.D.はその第1弾となる。将来的には世界販売に占めるEVの比率を25%に高める計画だ。