セブン&アイHDは2017年2月期、百貨店とスーパー事業の不振から、約600億円の減損を計上する。連結営業利益の8割を稼ぐ、コンビニ事業は「常勝」を続けなければ、グループ全体が揺らぎかねない。鈴木敏文氏というカリスマ経営者が去った今、出店や加盟店指導で新たな戦略を模索し始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2482文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題