オリックスがロボットレンタル事業に力を入れている。9月27日には「クルマ型ロボット」の展示施設を開設した。先行して始めた、人の真横で作業できる「協働型ロボット」のレンタル台数も計画比2倍以上と好調だ。強まる人手不足感を「追い風」にする新規事業。ロボット市場の拡大にもつながりそうだ。

新設したショールームではシャープなど3社のAGVが走り回る

 オリックス子会社で産業機器レンタルのオリックス・レンテック(東京・品川)が9月27日、東京技術センター(東京都町田市)内に自動搬送車(AGV)のショールームを開いた。AGVは工場や物流倉庫内で指定した目的地に自動的にモノを運ぶ、いわば「クルマ型ロボット」だ。

 「Tokyo Robot Lab.2」と名付けた同施設の延べ床面積は125平方メートル。サーキットのような走行レーンでは、シャープや日本電産、オムロンがそれぞれ発売した4台のAGVが働きぶりを“実演”する。走行スピードや段差への対応、障害物の回避の様子などを実際に確かめられるようにすることで、顧客のAGV導入意欲を引き出そうという試みだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り859文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。