ルネサスエレクトロニクスが9月、米半導体企業を約7330億円で買収すると発表した。昨年の買収と合わせて計1兆円を投じる背景には、クルマ依存を深めることへの危機感がある。経営再建のため「選択と集中」を続けてきた歴史を反転させる契機になるか。

ルネサスの業績は安定してきた
●連結業績の推移

 「クルマ以外の領域を加速度的に伸ばしていく」。9月中旬、約67億ドル(約7330億円)で米半導体企業「インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)」の買収を決めたルネサスエレクトロニクス。柴田英利取締役CFO(最高財務責任者)は、狙いを本誌にこう語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1009文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。