日米両政府が自動車や農林水産品など2国間のモノの関税協議に入ることを決めた。日本は自動車に対する追加関税の当面の回避など防衛ラインは守ったが、交渉の先行きは不透明だ。双方が重要選挙を控える中、どう折り合いを付けるのか。安倍晋三政権の戦略と交渉力が問われる。

良好な「安倍・トランプ」関係だが、双方が重要選挙を控え難しい立場に置かれている(写真=AFP/アフロ)