キリンホールディングスが豪州の飲料事業の売却を検討していることを発表した。人口減少により、国内市場の縮小が避けられない日本の飲料メーカーにとって海外事業は成長の源泉のはずだ。しかし、各社の海外飲料事業は苦戦が続いており、戦略の見直しを迫られている。

<span class="fontBold">海外の清涼飲料の棚争いは日本以上に厳しい</span>(写真=AP/アフロ)
海外の清涼飲料の棚争いは日本以上に厳しい(写真=AP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1257文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。