医師不足や医療偏在といった問題の解決策の1つとして期待が高まる「オンライン診療」。4月に保険の正式な対象となり、需要拡大が見込まれたが、実施する医療機関は逆に減少。保険対象外の疾患が多く、「厳しすぎる」とされる新ルールが、普及の足かせになっている。