積立金が不足し、大規模修繕時に借り入れに頼るマンションが増えている。深刻なのは、1回目の修繕から資金不足に陥っているマンションが増加していること。労務費や資材費の高騰で、マンション販売の構造的な問題が露呈してきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2580文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。