積立金が不足し、大規模修繕時に借り入れに頼るマンションが増えている。深刻なのは、1回目の修繕から資金不足に陥っているマンションが増加していること。労務費や資材費の高騰で、マンション販売の構造的な問題が露呈してきた。