巨額損失を計上している三菱重工業の客船事業。10月にも存廃の方向性を示す。一方、輸送船などの競争力強化へ、今治造船など3社との提携協議が進む。造船復権の象徴だった客船。その存廃は提携の力関係に影響を及ぼす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1122文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。