米アマゾン・ドット・コムがオンラインの世界を飛び出し、リアルでの攻勢を加速させている。レジなしコンビニの大量出店に加えて、インドの有力スーパーの買収にも参加することが報じられた。影響は既存の小売業にとどまらず、NB(ナショナルブランド)の食品メーカーにとっても打撃になりそうだ。

米国の都市で展開を加速しているアマゾン・ゴー(左、米シアトルの1号店)。自動改札のように出退店を管理(上)

 精算などを自動化したレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー」を2021年までに最大で3000店舗出店する──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2479文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。