経営危機のパイオニアが香港の投資ファンドの傘下に入ることになった。だが、事実上の中国ファンドの傘下となると、ビジネスへの支障が出る可能性があるという。ファンド頼みは資金繰りのための窮余の策だが、パイオニア経営陣にとっては一難去ってまた一難といったところか。

市販のカーナビ「カロッツェリア」は根強い人気を誇るが……

 次から次へと難題が湧き起こってくる……。今のパイオニア経営陣の気持ちを代弁すると、さしずめこんなところだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1207文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。