金融緩和による低金利を背景に活況だった首都圏のマンション市場で、減速感が鮮明になってきた。契約率が低迷する中で、一部のデベロッパーの大幅値下げも目立ち始めた。来年10月に予定されている消費税率引き上げをきっかけに、値崩れが進む可能性も出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1280文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。