安倍晋三首相が9月28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散すると正式に表明した。消費増税の使い道変更などを問うとしているが、本誌緊急調査で回答者の6割超が解散を「評価しない」と答えた。小池百合子東京都知事が代表に就く国政新党が立ち上がるなど、選挙戦の先行きには不透明感が漂う。

 北朝鮮情勢が緊迫し、学校法人「森友学園」や「加計学園」問題の説明が不十分と野党が批判を強める中で、唐突に決まったかにみえる今回の衆院解散・総選挙。ビジネスパーソンは安倍晋三首相の決断をどう捉え、どんな政策論議を期待しているのか。衆院解散が確実となった9月22~25日、本誌は緊急アンケートを実施し、320人からの回答を得た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2283文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。