FRBが9月のFOMCで、大方の予想通りゼロ金利の維持を決めた。物価安定と最大限の雇用が使命のFRBは「世界の金融安定」という責務を負った。しかし足元ではブラジル経済の悪化が鮮明になるなど、金融政策を縛るテーマは多い。