集団的自衛権の行使を限定的に可能とする安全保障関連法が成立した。10年越しの悲願を達成した安倍晋三首相だが、支持率低下など痛手も大きい。政権基盤の再強化のため経済最優先を図るが、先行きは楽観できない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。