今年だけで80万人規模の難民を受け入れると表明して注目を浴びたドイツ。ドイツ国内の中小企業では、人手不足の解消策として難民を活用する動きも出始めた。ただし、国全体の労働力不足を補うまでには、雇用制度の改正など解決すべき課題が山積している。