政府は自動運転車の実用化について、従来目標の2025年から前倒しする検討に入った。世界の競合環境が刻一刻と変化する中で、周回遅れになる可能性が高まったためだ。背景には、自動車メーカーや政府にとっての「3つの想定外」があった。