軽自動車の販売再開で決着したかに見えた三菱自動車の燃費不正問題が再燃している。問題発覚後の再試験が、国土交通省にまたも「不正」と指摘された。益子修会長は「真摯に受け止める」としているが、社内では同省に反発する声も渦巻いている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1389文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。