安倍晋三首相が「下請け取引の改善」を宣言した。アベノミクスの恩恵を受けられなかった中小企業への支援を通じて賃上げを促すことが狙いだ。だが、日本経済の構造問題が解決しない中、実効性には疑問の声も上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1348文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題