新型iPhone発売に合わせ、ソフトバンクやKDDIが4年間もの長期割賦を広げる。iPhoneの高級化で価格が大幅に上昇したため、毎月の支払い負担を抑える。格安スマホの拡大を横目に見ながら、顧客のつなぎ留めに必死だ。

高級化で価格上昇続く
●国内のiPhone価格(上位機種)
注:ソフトバンクの販売価格。iPhone Xはアップル直販価格

 「この端末販売プログラムは事実上の新たな“縛り”にもなり得る荒業だ」。調査会社MM総研の横田英明常務はこう指摘する。荒業とは、ソフトバンクの新たな端末販売プログラム「半額サポート for iPhone」のこと。対象商品は米アップルが9月12日(米国時間)に発表した新型iPhoneだ。

 このプログラムは、端末代金の支払期間をこれまで一般的だった24カ月から48カ月まで一気に延長するもの。割賦期間を延ばすことで消費者の月々の支払額を引き下げて負担の軽さをアピールするだけではない。契約してから25カ月目以降にソフトバンクが指定する端末に乗り換えるといった条件を満たせば、iPhoneを半額で下取りして残債をゼロにすることを約束する。