AI(人工知能)の活用を、多くの企業が血眼になって模索している。急速に進むデジタル化に対応できなければ、競争力を失うという危機感がある。だが、焦る経営に対して、導入の現場は手探り状態で、効果は未知数だ。

 日経ビジネスは8月1日から25日にかけて、主な企業のAI(人工知能)の活用状況を調べる「AI活用実態調査」を実施した。その結果、回答を得た124社中71社(57%)が「活用している」と答え、「検討している」もしくは「今後、検討する予定がある」という企業も29社あった。各業界を代表する大手企業の多くが、AI活用に積極的に取り組もうとしていることが明らかになった。調査ではAIを「様々なデータを基に学習や認識、推論、判断といった人間の知的活動の一部を代替するコンピューター技術」と定義した。