情報セキュリティーの分野で人材紹介を手掛ける日本ハッカー協会が始動した。日本に眠るハッカーの才能を企業で開花させることで、悪の道に転落するのを防ぐ。不当な摘発には弁護士を派遣するなどして対抗する。ハッカーが萎縮せず、活躍できる社会を目指す。

閲覧者のパソコンに無断で仕込む
●採掘ソフト「コインハイブ」の仕組み
閲覧者のパソコンに無断で仕込む<br /><span>●採掘ソフト「コインハイブ」の仕組み</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ハッカー協会が9月13日に活動を開始した。情報セキュリティー会社ネットエージェントの元会長、杉浦隆幸氏が協会の代表理事を務める。同日、東京・秋葉原で設立イベントに臨んだ杉浦氏は「ハッカーが悪い道に進まないよう、雇用を確保する」と述べ、人材紹介業に乗り出すとした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り951文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。