国土交通省が発表した全国の基準地価では、観光地やリゾート地が上昇率の上位を占める結果となった。北海道や沖縄の住宅地で、外国人がコンドミニアムやマンションを購入する動きが目立つ。東京の都心部でも、住宅地売買における外国人の存在は無視できなくなっており、そのリスクも指摘され始めた。

<span class="fontBold">外国人に人気のニセコ近隣では住宅地の地価も急上昇</span>(写真=共同通信)
外国人に人気のニセコ近隣では住宅地の地価も急上昇(写真=共同通信)

 国土交通省が9月18日に発表した今年7月1日時点の基準地価は、全国の商業・工業・住宅の全用途平均が27年ぶりに上昇に転じた。地方4市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)の上昇率が5.8%となり、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)の1.7%を上回るなど、地価上昇の勢いは全国に広がりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り895文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。