安倍晋三首相が自民党総裁選での連続3選を前提に積極的な外交を展開。中国との関係改善では、安倍首相の10月訪中と来年の習近平国家主席来日への調整が加速している。一方、北方領土問題や米国との貿易協議には不透明感が。外交成果が政権の先行きを左右しそうな雲行きだ。

国際会議を舞台に外交ゲームが展開されている(写真=EPA=時事)

 この秋、「戦後外交の総決算」を掲げる安倍首相の外交が大きな節目を迎えそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1273文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。