安倍晋三首相が自民党総裁選での連続3選を前提に積極的な外交を展開。中国との関係改善では、安倍首相の10月訪中と来年の習近平国家主席来日への調整が加速している。一方、北方領土問題や米国との貿易協議には不透明感が。外交成果が政権の先行きを左右しそうな雲行きだ。

国際会議を舞台に外交ゲームが展開されている(写真=EPA=時事)

 この秋、「戦後外交の総決算」を掲げる安倍首相の外交が大きな節目を迎えそうだ。