物販のほか様々なサービスを提供することで、社会インフラとして支持されてきたコンビニエンスストア。人手不足のなかでFC加盟店の負荷が増しても、これまではチェーン一律の運営を維持してきた。だがここにきて、一部サービスを中止する店が目立ち始め、事業モデルの限界が露呈しつつある。

<span class="fontBold">ネット通販やフリマアプリの拡大でコンビニでの荷物の受け付けが増えている</span>(写真=アフロ)
ネット通販やフリマアプリの拡大でコンビニでの荷物の受け付けが増えている(写真=アフロ)

 「メルカリ、ヤフオク等のサイト関連サービスは、当店での取り扱いは行っておりません。ご了承ください」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2818文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。