米アップルが9月12日にスマートフォン「iPhone」の新型モデルを発表した。AI(人工知能)機能を向上させた最先端半導体を搭載。主力モデルでも価格を999ドルと一気に引き上げた。付加価値の高い高額端末をけん引役にブランド力に磨きをかける狙いだが、その価格戦略には苦悩が浮かぶ。

<span class="fontBold">アップルが苦戦する新興国市場。インドでは格安スマホメーカーの広告が目立つ</span>(写真=Bloomberg/Getty Images)
アップルが苦戦する新興国市場。インドでは格安スマホメーカーの広告が目立つ(写真=Bloomberg/Getty Images)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2720文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。