東芝が9月14日に発表した2015年4~6月期の決算は最終損益が122億円の赤字だった。既に2015年3月期決算も発表しており、東芝の不正会計問題はヤマ場を越えたように見える。だが、市場関係者は依然として東芝に疑念のまなざしを向ける。焦点はやはり原発事業にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2878文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。