米アップルが新型「iPhone」発売に合わせて、端末の直接販売へ大きくかじを切る。新モデルに毎年乗り換えられる「アップグレードプログラム」が目玉だ。キャリアによる利用者の囲い込みを封じ、端末の買い換え頻度を加速させる。