定番メニューの値上げが続いた外食業界だが、最近は一転、値下げが目立つ。消費マインドの落ち込みが一層鮮明になる中、安価なメニューで顧客を呼び戻そうとしている。だが人件費などコスト高はいかんともしがたく、値下げ競争にも限界がありそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1539文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年9月19日号 14~15ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。