米アップルが「iPhone7」を発表したが、市場の反応は「期待外れ」が大半を占める。同社が起死回生をかけて勝負に出てくるのは、有機ELを全面採用する2018年のモデルだ。残り2年、常に革新的であることが求められるアップルがスマホを「再発明」できるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1240文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題