ベネッセホールディングスの社長が、新体制発足後3カ月で再び交代する。原田泳幸氏の退任後、現社長は社内から昇格していたが、今回は投資ファンド経営者を招く。顧客情報流出以降、「進研ゼミ」の会員減が止まらず、原田改革の後始末が始まる。