経営不振に陥ったパイオニアが、存続に向けてもがいている。9月下旬に迫る協調融資の返済期限は、香港ファンドからの資金調達でひとまず切り抜けられそう。だがこれはあくまで一時しのぎ。資本増強策の交渉は続いており、当面、目が離せない。

<span class="fontBold">パイオニアの資金繰りは厳しい状況が続いている</span>(写真=ロイター/アフロ)
パイオニアの資金繰りは厳しい状況が続いている(写真=ロイター/アフロ)

 9月下旬に迫る133億円のシンジケートローン(協調融資)の返済期限を乗り切れるのか──。経営不振のパイオニアの当面の焦点はここにあった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1163文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。