特区での処方薬ネット販売事業に調剤大手が続々と名乗りを上げる。その背景には米国で処方薬市場に参入したアマゾンの存在がある。黒船来襲の前に、ネット通販で実績を積みたいという各社の焦りが透ける。

アインホールディングスが7月に愛知県稲沢市で実施したデモの様子。ノートパソコンで服薬を指導した。

 薬局に出向かずに処方薬がネットで買える──こんな未来が実現しそうだ。これまで処方薬を購入する際は、薬剤師と対面して飲み方の指導を受ける必要があったが、この5月に福岡市など3地域が国家戦略特区として認められ、処方薬のネット購入が可能になった。服用の注意点を薬剤師からテレビ電話などで聞き、薬を配送してもらえる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り962文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。