史上最高値圏での推移が続く米国株式市場で、ある波乱懸念が浮上している。定期的に実施される業種分類の変更対象に、相場のけん引役である巨大IT企業が含まれたからだ。これほど大きな時価総額を持つ銘柄の業種移動は初めて。市場はその影響を測りかねている。

巨大銘柄「FANG」が市場に与える影響は大きい(写真=ロイター/アフロ)

 好調な米経済を背景に活況が続く米国株市場。けん引役は「FANG(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルの頭文字を合わせた造語)」を中心とする巨大IT(情報技術)銘柄だ。S&P500全体の時価総額に占めるFANGの割合は今や約10%。ナスダック指数に至っては2割を超えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1045文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。