国連安全保障理事会が、北朝鮮に対する追加制裁決議を全会一致で採択。国内では大型ハリケーンが深刻な被害をもたらし、対応に追われた。ロシア疑惑や移民問題など、トランプ大統領が招いた混乱は尽きることがない。

ドナルド・トランプ 米大統領
(写真=UPI/amanaimages)
(写真=UPI/amanaimages)

9/8 @ ツイッター
共和党は税制改革・減税法案の議論を可能な限り早く始めなければならない。急げ!

9/8 @ ツイッター
ハリケーン「イルマ」はかつて見たこともないほど巨大だ。気をつけて、できれば進路から逃げて

9/7 @ 記者会見(米ホワイトハウス)
我々の武力はかつてないほど強い。もし、それを使うことになったら、北朝鮮にとって非常に悲しい日になるだろう

国連安全保障理事会は9月11日(日本時間12日朝)、北朝鮮に対する追加制裁決議を全会一致で採択した。米国は「最後の手段」とされる原油の全面禁輸を求めていたが、慎重な中国とロシアに配慮して修正。原油輸出は過去1年の実績を上限とし、石油精製品と合計で3割減となった。国内では大型ハリケーン「イルマ」が猛威を振るい、ツイッターなどで厳重な警戒を呼びかけた。議会下院は9月8日、今年12月まで債務上限を引き上げる法案を可決。米国債がデフォルト(債務不履行)を引き起こす事態は避けられたが、法人税引き下げなど税制改革は思うように進んでいない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り587文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。