動画と商品の販売を組み合わせた「動画EC(電子商取引)」が広がっている。トランスコスモスなど大手企業も参入。SNS(交流サイト)の普及が市場を後押しする。一方、消費者のサポートなど、安全・安心な利用環境の整備に向けた課題も少なくない。

<b>俳優の山田孝之さんは新会社を設立</b>
俳優の山田孝之さんは新会社を設立

 俳優の山田孝之さんが取締役に就任──。コールセンター大手のトランスコスモスは9月5日、EC(電子商取引)の新会社「ミーアンドスターズ」を山田さんと共同で設立したと発表した。コールセンターと有名俳優という意外な組み合わせが狙うのは、注目を集めている「動画EC」への本格参入である。

 国内市場規模が約15兆円まで拡大する一方、米アマゾン・ドット・コムや楽天など大手の存在感が強いEC業界。だが、足元では品ぞろえや価格、利便性以外のニーズをくみ取り、消費につなげようとする動きが広がっている。動画と商品やコンテンツの販売を組み合わせた動画ECはその代表格だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1001文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。