盗用疑惑が指摘されていた2020年東京五輪のエンブレムの使用中止が決まった。背景にはデザイン業界と消費者との「常識」の違いがある。このギャップを埋めきれなかった。デザイン現場の実態を知らなければ、使う側の企業は足をすくわれかねない。