一般用医薬品を一定額以上買うと、所得税などが控除される制度が来年から始まる。市場規模の減少が長らく続いてきた大衆薬業界は、活性化効果を期待していた。ところが対象品目が大きく制限されたため、1年目からの特需は見込めない。