サークルKサンクスとの合併で、業界2位になった新生ファミリーマートが始動した。今回の大型再編を9年にわたって主導してきたのが新持ち株会社の社長に就いた上田準二氏だ。就任して初めて応じた単独インタビューでは、自ら仕掛けた案件を成功させる執念がにじんだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り967文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年9月12日号 12~13ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。