日銀が7月末、ETF買い入れ枠を年間6兆円と従来の約2倍に引き上げる追加緩和策を決めた。相場の底上げ効果は大きく、日本株は堅調に推移するが、「大株主は日銀」は株価形成をゆがめる。減益企業の株価上昇が相次げば、アベノミクスが迫ってきた企業のガバナンス改革が尻すぼみになりかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1004文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年9月12日号 16~17ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。