日銀が7月末、ETF買い入れ枠を年間6兆円と従来の約2倍に引き上げる追加緩和策を決めた。相場の底上げ効果は大きく、日本株は堅調に推移するが、「大株主は日銀」は株価形成をゆがめる。減益企業の株価上昇が相次げば、アベノミクスが迫ってきた企業のガバナンス改革が尻すぼみになりかねない。