直径数cmの円盤状の玩具「ハンドスピナー」が今夏、大ブームを巻き起こした。子供だけでなく大人も魅了、最近半年で100万個以上が売れたとされる。回転させて眺めるだけの「素朴」な製品がヒットした背景には、一体何があるのか。

<b>エスカレーター前の“一等地”に「ハンドスピナー売り場」を構えるビックカメラ有楽町店(上)。日本精工の子会社(左)やエレコム(右)も参入した</b>(写真=菊池 一郎)
エスカレーター前の“一等地”に「ハンドスピナー売り場」を構えるビックカメラ有楽町店(上)。日本精工の子会社(左)やエレコム(右)も参入した(写真=菊池 一郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 「今年の玩具で一番のヒット商品」。流通業界でこんな呼び声が高いのが、指先でくるくると回転させて遊ぶ円盤状の玩具「ハンドスピナー」だ。ビックカメラ有楽町店(東京・千代田)では1個数百円から同5000円超まで、様々な色や形、材質の異なる約400種類の商品を取りそろえ、「1日平均60個が売れている」(同店の加藤慶典主任)という。

 ハンドスピナーは昨年、米国でヒット。日本でも6月にバンダイナムコグループの子会社が商品を発売するなどして、人気が広がった。ハンドスピナーやヨーヨーの専門店「スピンギア」を運営するそろはむ(東京都八王子市)の長谷川貴彦社長は「春以降、少なくとも国内で100万個以上売れた」とみる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り808文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/